「バイク女子への意識調査 2018
<悩み・ファッション編>」
バイク女子の悩み、
1位は「女性向けバイク用品が少ない」
バイクウェア選びでは価格や機能性より見た目を重視
4割が周囲から運転を心配されるのが悩みと回答

オートバイ用品の小売・開発を行う株式会社ナップス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:望月 真裕)は、現在125cc以上のバイクを所有し、過去1年以内にバイクを運転したことのある全国の20代~30代のバイク女子220名を対象に、バイク女子の悩みとファッションに関する意識調査を実施いたしました。

「バイク女子への意識調査2018<悩み・ファッション編>」その他結果概要

・バイク女子人気車種ランキング、1位は「アメリカンタイプ(23.2%)」
・バイクを運転するようになったきっかけ、最多は「友人の影響(37.7%)」
・バイク女子の70.9%がファッションにこだわりあり
・8割以上のバイク女子が今よりも女性向けアイテムが増えれば購入したいと回答

■女性ライダーとしての悩みを教えてください。(n=220・複数回答方式)

バイク女子の悩み1位は「女性用バイク用品の少なさ」、「周囲から運転を心配される」と回答も4割

対象者にバイク女子としての悩みを聞いてみたところ、最も多かった回答が「女性用のバイク用品(ファッションなど)が少ない(41.8%)」で、続いて「周りから運転を心配される(40.0%)」と続きました。
また4人に1人は「同性のライダーが少ない(26.4%)」と感じていたり、「1人でバイクショップに入り辛い(24.5%)」と感じていることも分かりました。
その他の自由回答として、「足付きが悪い」や「車体が重い/腕力が足りない」などの回答も見受けられました。

■あなたが所有しているバイクの種類を教えてください。(n=220・複数回答方式)
■あなたがバイクを運転するようになったきっかけは何ですか?(n=220・複数回答方式)
バイク女子に人気の車種は「アメリカン(23.2%)」!
運転するようになったきっかけは「友人の影響(37.7%)」が最多

所有しているバイクの種類を聞いたところ、最も多かったのが「アメリカン(23.2%)」で、続いて「スーパースポーツ(20.5%)」「ネイキッド(20.5%)」が同率で続きました。
バイクを運転するようになったきっかけを聞いてみたところ、最も多かったのが「友人の影響(37.7%)」で、続いて「家族の影響(34.1%)」、「バイクに対しての憧れ(30.9%)」と続きました。

■あなたはバイクを運転する時、ファッションにこだわりますか?(n=220・単一回答方式)
7割がバイク乗車時にはファッションにこだわると回答

バイクに乗る際にファッションにこだわるか聞いたところ、19.5%が「こだわる」と回答、「どちらかというとこだわる」と回答した51.4%と合わせると、70.9%と7割のバイク女子がバイクに乗る際にファッションにもこだわっていることが分かりました。

■あなたがバイクウェアを購入する際、最も重要視するポイントを教えてください。(n=220・単一回答方式)
バイクウェア選びは「機能性」や「価格」よりも「見た目」を重要視

またバイクウェアを購入する際に、最も重要視するポイントを聞いたところ「機能性(24.1%)」「価格(15.5%)」「安全性(15.0%)」「ブランド(7.3%)」などを抑え、「見た目(32.7%)」が首位となりました。

■あなたは女性向けバイクウェアの種類が今よりも拡充すれば、これまでよりもバイクウェアを購入する頻度が上がると思いますか?(n=220・単一回答方式)
女性向けウェアが増えれば、より多くウェアを購入すると思うと8割が回答

バイク女子の悩みでは「女性用のバイク用品(ファッションなど)が少ない(41.8%)」という回答が多く見受けられました。そこで女性向けバイクウェアの種類が今よりも拡充すれば、これまでよりもバイクウェアを購入する頻度が上がると思うかを聞いたところ、「今以上に積極的に購入する」が31.8%、「どちらかというと今よりも購入すると思う」が52.3%と、合わせて84.1%のバイク女子が、女性向けバイクウェアの種類が増えれば購入頻度も増えると思うと回答しました。

<調査概要>
有効回答数 現在普通自動二輪免許を保有し、125cc以上のバイクを所有しており、
かつ過去1年以内にバイクを運転したと回答した20代~30代の全国の女性220名
調査期間 2018年11月5日~2018年11月15日
調査方法 インターネットリサーチ

※本リリースによる調査結果をご利用いただく際は、「ナップス調べ」と付記のうえご使用くださいますよう
お願い申し上げます。