News

  • 2018.5.29
  • プレスリリース

ライダー同士は惹かれやすい!?「ライダーのコミュニケーションに関する実態調査 2018」88%のライダーが「バイクに乗る異性は魅力的に感じる」と回答

オートバイ用品の小売・開発を行う株式会社ナップス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:望月 真裕)は、125cc以上のバイクを所有する全国のライダー男女548名を対象に、ライダーのコミュニケーションについての実態調査を実施いたしました。

「ライダーのコミュニケーションに関する実態調査」その他結果概要

・ 80%以上の方がライダー仲間がいると回答。ライダー仲間がいないと回答した方も18.6%。
・グループツーリングよりも、ソロツーリングを好むライダーが多い傾向。
・参加したことのあるバイクイベント、TOP3は「ツーリング」「展示会」「フェス」。

80%以上の方がライダー仲間がいると回答。ライダーの友人はいないと答えた方も18.6%。
ライダー仲間と知り合った場所は「学校や職場」が最多。バイクショップなどで知り合った方も33.9%。
対象者の方にライダーの友人が何名いるかを聞いたところ、全体の8割以上がライダー仲間がいると回答した一方、「ライダーの友人はいない」と回答した方も18.6%いることが分かりました。

詳しくはこちら 20180529_ライダー同士は惹かれやすい!?「ライダーのコミュニケーションに関する実態調査 2018」88%のライダーが「バイクに乗る異性は魅力的に感じる」と回答

  • 2018.5.14
  • イベント

2018年5月12日(土) ナップス ライディングスクール in 川崎大師を開催しました

2018年5月12日(土)、神奈川県川崎市にある川崎大師祈祷殿駐車場にて「ナップス ライディングスクール」を開催しました。

しばらく雨で中止となっていたライディングスクールは、今回10カ月ぶりに快晴の中、32名のお客様にご参加いただけました。
インストラクターに、二輪車安全運転指導員のみなさまと、神奈川県警女性白バイ隊ホワイトエンジェルスのみなさまにご協力いただきました。

川崎大師の開催では、講習前にご祈祷を行います。ご本尊・弘法大師さまのご加護をいただくことができます。


続きを読む…

  • 2018.5.8
  • プレスリリース

採用サイト「NapsWorks(ナップスワークス)」をオープン2018年4月より「セカンドキャリア採用」、「バイク好きのためのハンディキャップ採用」を開始

オートバイ用品の小売・開発を行う株式会社ナップス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:望月 真裕)は、2018年4月16日に採用サイト「Naps Works」(https://www.naps.works/)を新たに公開いたしました。合わせて元レーサーの方などを対象とした「セカンドキャリア採用」及び「バイク好きのためのハンディキャップ採用」の募集を開始いたします。

当社では“ヒトのナップス“をコンセプトに、人材へフォーカスした経営戦略を進めてまいりました。この度、当社のビジョンにマッチする人材募集のための採用専用サイト「Naps Works」を開設いたしました。採用サイト内には、ナップスで働くスタッフへのインタビューや事業内容の紹介、フォトギャラリーなど、当社をより詳しく知ってもらうための豊富なコンテンツを掲載しています。

またサイトの公開と合わせ、レーサーの方などのセカンドキャリアとしてバイクに携わる仕事をしたいという方を対象とした「セカンドキャリア採用」や、バイク事故などに遭われてしまった方などを対象とした「バイク好きのためのハンディキャップ採用」の2種の職種募集を新たに開始いたします。

当社では「好きを仕事に!」をモットーに、バイクに携わる全ての方が幸せになっていただけるよう、今後も雇用創出を進めてまいります。

詳しくはこちら 20180508_採用サイト「NapsWorks(ナップスワークス)」をオープン2018年4月より「セカンドキャリア採用」、「バイク好きのためのハンディキャップ採用」を開始

  • 2018.4.19
  • プレスリリース

ナップス、輸入二輪車のメンテナンスサービスを開始!BMWやハーレーなどの輸入車もメンテナンス可能になります。4月21日よりキャンペーンを実施

オートバイ用品の小売・開発を行う株式会社ナップス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:望月 真裕)は、ナップス各店舗にてバイク車両診断機「TEXA」を導入し、2018年4月より輸入二輪車のメンテナンスサービスを開始いたします。
 
近年ではコンピューター制御のオートバイが増え、特に輸入二輪車の整備には専用の診断機やメカニックが必要とされ、正規ディーラーに行かなくてはならず、メンテナンスコストが高いことがネックとされていました。そこで当社では、ナップス店舗でも輸入二輪車のメンテナンスサービスを提供するため、TEXA社のバイク車両診断器をナップス店舗に導入し、この度メンテナンスサービスを開始いたします。
 今後、国産車のメンテナンスでも診断機の接続が必要となるケースが増えていくとされており、今回の診断機導入に合わせ、国産メーカー対応の接続ケーブルも導入予定で、今後もメンテナンス領域を拡大させていく予定です。

輸入二輪車メンテナンスサービス開始に伴いキャンペーンを実施!
キャンペーン期間中は、通常2,916円(税込)の診断料を500円(税込)でご提供いたします。
キャンペーン期間:2018年4月21日~2018年5月25日
※店舗で行える整備内容につきましては、予め店舗へご確認のうえご来店ください。

詳しくはこちら 20180419_ナップス、輸入二輪車のメンテナンスサービスを開始!BMWやハーレーなどの輸入車もメンテナンス可能になります。4月16日よりキャンペーンを実施

  • 2018.4.12
  • プレスリリース

運転技術No.1ライダーがついに決定!須藤元気プロデュース「モトジムカーナ 2018」にて作田隆義選手(SUZUKI GSX-S1000)がSクラスで見事優勝!

オートバイ用品の小売・開発を行う株式会社ナップス(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:望月 真裕)は、須藤元気プロデュースの「モトジムカーナ 2018」を、2018年4月8日(日)、大磯ロングビーチで開催いたしました。
当日は全国より4,000名以上のライダー達が訪れ、80名の選手による一騎討ち方式のモトジムカーナで運転技術を競い合い、4クラスよりそれぞれ優勝者が決まりました。各クラスの優勝者のコメントをご紹介いたします。

モチュールクラス(Sクラス)優勝&ファステスト賞(35秒667)
作田 隆義 選手<SUZUKI GSX-S1000>
「ジムカーナの魅力を皆様にちょっとでも感じていただければ良かったかなと思っています。今日のコースは、自分のマシンにあっていたんだと思います。皆様に見守られながらのレースは興奮しました。いい経験をしました。」

詳しくはこちら 20180412_運転技術No.1ライダーがついに決定!須藤元気プロデュース「モトジムカーナ 2018」にて作田隆義選手(SUZUKI GSX-S1000)がSクラスで見事優勝!.pdf